読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPX社員によるブログ

iPX社員が"社の動向"から"自身の知見や趣味"、"セミナーなどのおすすめ情報"に至るまで幅広い話題を投下していくブログ。社の雰囲気を感じ取っていただけたら幸いです。

Windows 10 UWP Developer Workshop に参加してきました

約 4 ヶ月ぶりのご無沙汰となります、 iPX の Microsoft 担当(?)、コクブンです。
今回は、先日開催されました Microsoft 主催の「 Windows 10 UWP Developer Workshop 」の第 1 回に参加してきましたので、そちらの紹介をしたいと思います。

イベントの概要

今回のイベントの趣旨は、イベントタイトルに「この 1 日で Windows 10 に対応したアプリ開発手法が習得できるハンズオン」とあった通り、 Windows 10 で登場したアプリケーションプラットフォームであるユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) に対応したアプリの開発手法を、 1 日かけてハンズオン形式で学ぶ、というものでした。
実際の内容も UWP の概要から始まり、 UI の構築、 Azure との連携、果ては音声認識 (Cortana) からマネタイズに至るまで、凡そ 1 日で学ぶにはかなり広範囲に渡るもので、これだけのものを無料で受講出来るのは本当にありがたい事だと思います。

イベント総括

コンセプトとしては前述の通り大変素晴らしいものなのですが、当日の内容としては、残念ながら参加者が満足出来るものだったとは言い難いかもしれません。
まず会場が一般の貸会議室という事もあってかネットワークインフラの設備がイベント規模に対して全く見合っておらず、また各セッションの内容も元々米国本社で用意されたものを翻訳した形であったためなのか、登壇者が内容を事前に精査出来ていない(事による事前準備の漏れや内容齟齬の多発)等、初回開催である事を差し引いても企業主催のイベントとしてはお粗末な内容だったと言わざるを得ないと思います。
しかしそれでも、配布された資料は UWP 開発にとても有用なものが多かったですし、イベント最後に行われた質疑応答の時間もかなり活発に質問が出ていましたので、本イベントに参加した価値は十分にあったと思いますし、また UWP に対する
開発者の関心の高さというのも感じられました。
今後も UWP のハンズオンセミナーは継続的に開催されるそうですし、またそこでは今回のイベントの反省を踏まえてより良いセミナーにしていくとの心強いコメントも出ていますので、 UWP に少しでも興味を持った方は、是非参加してみていただければと思います。