iPX社員によるブログ

iPX社員が"社の動向"から"自身の知見や趣味"、"セミナーなどのおすすめ情報"に至るまで幅広い話題を投下していくブログ。社の雰囲気を感じ取っていただけたら幸いです。

フィードバック制御って何?

今回の記事を担当する鈴木大希と申します。

業務でフィードバック制御に関わる機会があり、制御工学に関する学習を始めました。
そこで(ほんの触りですが)フィードバック制御とは何かということを自分の学習を兼ねて書きたいと思います。

制御とは

制御工学では制御したい物理量を制御量、制御量に影響を与えるもののうち、操作できるものを操作量と呼ぶ。
逆に、制御量に影響を与えるもののうち、操作できないものを外乱と呼ぶ。

エアコンならば制御対象は部屋であり、エアコン(からの熱)が操作量。
外の気温など、操作できないが室温に影響を与えるものを外乱。
エアコン(操作量)と外の気温など(外乱)を合わせたものが室温(制御量)となります。

f:id:ipx-writer:20151207055258j:plain

外乱が全く無い場合、定常運転するだけで一定の室温を保つことができるが、
実際には、外乱の値は予期しない変化をおこし、制御量を乱してしまうことがある。
そこで現在の制御量の値を測定し、目標の値と比較し、その差をゼロにするように操作量を変化させる必要がある。
それをフィードバック制御と呼ぶ。
f:id:ipx-writer:20151207060413j:plain

短いですが今回はここまでにしたいと思います。
次回は操作量が制御量に影響を与えるメカニズムと密接な関係がある伝達関数について学んだことを記載したいと思っております。

今回参考にした文献を下記に記載しておりますので、制御工学やフィードバック制御に興味を持たれたら是非手に取ってみてください。

参考文献

森 秦親(2014)『演習で学ぶ基礎制御工学 新装版』森北出版株式会社.

www.amazon.co.jp