読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPX社員によるブログ

iPX社員が"社の動向"から"自身の知見や趣味"、"セミナーなどのおすすめ情報"に至るまで幅広い話題を投下していくブログ。社の雰囲気を感じ取っていただけたら幸いです。

家電にも歴史あり

告知

こんにちは、4回目の投稿です、Chibaと申します。

最初にお知らせです。
1/18~1/20まで東京ビックサイトで行われている「東京オートモーティブワールド」にて、弊社が出展しております。
オートモーティブワールドご来場の際は、ぜひ弊社にもお立ち寄りください。

小間番号 E41-36 にてお待ちしております。

www.automotiveworld.jp

家電の企画展

東京の銀座にあるソニービルにて、3月まで開催されている「It`s a Sony展」を見てきました。
創業から現在までのSonyの製品の中から、選りすぐったものを年代順に展示している企画展です。

先に感想を言ってしまうと、入場無料とは思えないほど充実した内容でした。
その中でも印象に残った製品をいくつかカメラに収めてきましたので、ご覧ください。

f:id:ipx-writer:20170118214604j:plain
黎明期の携帯ラジオ。真ん中の緑色のラジオが、世界初のトランジスタラジオ、「TR-55」。

f:id:ipx-writer:20170118214757j:plain
これも初期のカラーテレビ。当時のテレビが贅沢品だったせいか、外装が派手です。

f:id:ipx-writer:20170118214910j:plain
スカイセンサー。国外の短波放送を受信可能な高性能ラジオ。

f:id:ipx-writer:20170118215855j:plain
「DAT」こと、Digital Audio Tape。
私、実物をここで初めて目にしました(〇ヴァンゲリヲンの劇中ではよく出てくる)。

f:id:ipx-writer:20170118220226j:plain
歴代のSony製携帯電話。散見されるSony Ericssonロゴマークが懐かしい。

このほかにもノスタルジーに浸れる大物小物の数々があったのですが、ちょっと収まりきらないのでこのへんで。

足かけ60年、長きにわたる家電の歴史を垣間見ることができる貴重な企画展でした。